キャッシングは主婦でも利用できる?

キャッシングは主婦・主夫でも利用できる?

 

キャッシング業界では、年収の3分の1までしか借りられない総量規制の導入により、パートやアルバイトをしていても収入のない専業主婦でも、キャッシングが利用出来ないのではないかと考えている主婦は少なくないようですが、それは大きな錯覚なのです。そこでここでは主婦がキャッシングを利用出来る条件とは何なのか、主婦に利用しやすいキャッシングサービスを提供しているのは、どこの金融機関なのかについて、お話していきたいと思います。

 

まず主婦・主夫でもパートやアルバイト等をしている兼業主婦で、一定以上の安定した収入があれば、キャッシングサービスが普通に利用出来る金融機関は多いです。テレビCMを流しているような大手は勿論、中堅どころでも、ある程度以上の規模であれば利用出来るはずです。兼業主婦・主夫が利用出来ないキャッシングサービスは、今は殆どないと考えて差し支えないと思います。但し、最初にお話した総量規制による制限は、サラリーマンでも主婦・主夫でも平等に例外なくありますから、その点にさえ気をつければ、利用に大きな支障はないと思います。例えば年収60万円の兼業主婦・主夫でしたら、借入限度額は20万円までということになります。

 

ところで消費者金融には総量規制の例外的な措置として、専業主婦・主夫でも利用出来る配偶者貸付という制度があります。この制度は年収計算で、配偶者の年収を自分の収入と合算出来るというものです。専業主婦・主夫は収入がありませんが、配偶者である夫や妻の年収が例えば300万円あれば、夫婦合計の収入と見なされて、借入限度額100万円まで利用可能になるのです。しかしそのためには、配偶者からの同意書と、夫婦であることの証明書が必要で、夫や妻の賛同が得られなければ当然利用出来ませんし、夫や妻がキャッシングを利用している場合は、何らかの影響を受けてしまう懸念がありますので注意が必要です。

 

一方で同じキャッシングでも銀行のカードローンですと、銀行は銀行法に基づいて営業しており、総量規制による制限は受けませんので、年収による制限もありません。今は数多くの大手銀行や地方銀行が、カードローンによるキャッシングサービスを行っていますが、その中でも、特に主婦・主夫の利用しやすいカードローンとして人気と定評があるのが、みずほ銀行のカードローンです。みずほ銀行では、配偶者に安定した収入があれば、収入のない専業主婦・主夫でも利用可能で、配偶者からの同意書も夫婦であることの証明書の提出も不要となっており、配偶者のキャッシング利用にも、影響を与えないようになっています。

 

とは言え、主婦・主夫自身には収入がないことから、キャッシング借入限度額は30万円までとなっています。また兼業主婦・主夫で自身に安定した収入があれば、配偶者の収入に関わらず、普通にキャッシングを利用することが出来ます。また審査の際に提出する書類も、運転免許証・パスポート等の身分証だけで借入限度額200万円までなら、他社からの借入件数に関わらず、収入証明書の提出は不要となっています。

 

みずほ銀行には女性向けのフリーコールもあり、女性オペレーターに対応してもらうことも出来ますので、普通のキャッシングサービスは利用しづらいという女性でも、安心して利用することが出来ます。

 

キャッシングは主婦でも利用できる?関連ページ

キャッシングはブラックの方でもできるの?
キャッシングはブラックの方でもできるの?キャッシングについての知識ナビ!お金が必要なときに役立つのはやはり自分で借りれるキャッシングですね!
キャッシングの審査に通るには!
キャッシングの審査に通るには!キャッシングについての知識ナビ!お金が必要なときに役立つのはやはり自分で借りれるキャッシングですね。家族や知人に迷惑をかけられないと思ったら安心のキャッシングサービスを利用しましょう!お金を借りたい方へ!
キャッシングの金利は1ヵ月にどれくらい?
キャッシングの金利は1ヵ月にどれくらい?キャッシングについての知識ナビ!お金が必要なときに役立つのはやはり自分で借りれるキャッシングですね。家族や知人に迷惑をかけられないと思ったら安心のキャッシングサービスを利用しましょう!お金を借りたい方へ!
融資の無利息サービスについて
融資の無利息サービスについて。消費者金融についての情報・知識のページです。
審査に要する時間が短く即日融資にも対応しています!
審査に要する時間が短く即日融資にも応じることができる消費者金融系ローン会社について!消費者金融についての情報・知識のページです。