キャッシングの審査に通るには!

キャッシングの審査に通るには!

 

キャッシングを利用するためには、まず審査に通らなくては何も始まりません。そこでここではキャッシングの審査に通るためには、どうしたら良いのかについて、お話していきたいと思います。

 

消費者金融の業者や銀行が、キャッシングやカードローンの審査の基準を明らかにすることは、まず考えられませんが、それでも実際には審査には10以上の項目があると言われています。そしてどこでも必ず審査項目に入れているのは、年収・金属年数・借入履歴・金融事故の有無・家族構成・住居の種類・居住年数・加入している保険の種類・勤務形態等と言われており、業者や銀行はそれらの内容をスコアリング化し、その合計ポイントが会社の設けた基準を超えていれば、合格とするという手順で、審査をしているそうです。審査の基準は業者や銀行により少しづつ違いますので、複数の人が同じ条件でそれぞれ違う所に申し込んでも、或る人は合格し或る人は不合格になるということも十分に有り得るとのことです。

 

何処の業者や銀行でも、所謂基本的個人情報や借入履歴については必ず聞いてきますが、それらの情報は実は全て、信用情報機関に全て登録されています。業者や銀行は例外なく、申込者の申告した情報が正確かどうかをこの機関に照会しますので、もし虚偽の情報を申告しても、すぐにわかってしまいますし、審査はそれが判明した時点で不合格となります。またこのことは他の同業者にも伝わるようになっており、他の所へ申込に行っても全て断られるだけですから、自分の持っている情報は、どんなことでも正直に正確に申告するようにしましょう。

 

また絶対というわけではありませんが、これだけ条件が揃っていれば、審査には確実に有利と言える条件も一方では存在します。それは年収200万円以上・過去に一切金融事故や延滞がない・公務員か正社員のいずれかであること・大手企業勤務・勤続1年以上であること・20歳以上60歳以下・クレジットカードの保有は1枚〜2枚まで・借入件数は0件〜2件まで・持ち家か社宅に住んでいる・既婚であるか、家族が同居しているか等の項目だそうです。

 

しかし多くのキャッシングの審査に於いては、安定した十分な収入があって金融事故や延滞が一切なく、クレジットカードを1枚〜2枚持っていて借入件数が2件以下なら、他の項目の評価がどうであれ、ほぼ合格出来ると言われています。他の項目については確かに評価の対象とはなるものの、今あげた項目と比較すると、優先順位は低くなると考えられます。

 

それでも例えば、勤続期間が未だ1年に満たなければ、1年経つまで働きながら待つ、借入件数が複数あれば出来る範囲で清算し、年収が低ければ総量規制を考慮して、借入限度額を低めに設定するようにしましょう。年収が低いときは10万円以下にすれば、明らかに心象は良くなるそうです。また非正規雇用者であれば、それでも良いと明記してある所に申し込めば問題ないと思います。自分の経済力に合った限度額の設定と返済が出来る業者や銀行を選び、キャッシングサービスを上手に利用しましょう。

 

キャッシングの審査に通るには!関連ページ

キャッシングはブラックの方でもできるの?
キャッシングはブラックの方でもできるの?キャッシングについての知識ナビ!お金が必要なときに役立つのはやはり自分で借りれるキャッシングですね!
キャッシングの金利は1ヵ月にどれくらい?
キャッシングの金利は1ヵ月にどれくらい?キャッシングについての知識ナビ!お金が必要なときに役立つのはやはり自分で借りれるキャッシングですね。家族や知人に迷惑をかけられないと思ったら安心のキャッシングサービスを利用しましょう!お金を借りたい方へ!
キャッシングは主婦でも利用できる?
キャッシングは主婦でも利用できる?キャッシングについての知識ナビ!お金が必要なときに役立つのはやはり自分で借りれるキャッシングですね。家族や知人に迷惑をかけられないと思ったら安心のキャッシングサービスを利用しましょう!お金を借りたい方へ!
融資の無利息サービスについて
融資の無利息サービスについて。消費者金融についての情報・知識のページです。
審査に要する時間が短く即日融資にも対応しています!
審査に要する時間が短く即日融資にも応じることができる消費者金融系ローン会社について!消費者金融についての情報・知識のページです。